お茶の時間を彩る万能アイテム
「ハリオ ティーサーバー Simply」

お茶の時間を彩る万能アイテム
「ハリオ ティーサーバー Simply」

いつも使っている急須よりも気軽に、さまざまな用途で使えるティーポットがないかと探していたときに出会ったのが、「ハリオ ティーサーバー Simply」

手持ちの急須よりも大容量なこのアイテムは、取っ手付きの耐熱ガラスなので熱湯でもお茶を淹れられ、水出し茶も作りやすい。フィルター部を外せばコーヒーも淹れられる、優れものです。

使い勝手の良さに加えてお手入れもしやすいので、気づけば長く愛用しているアイテムになりました。実際に使ってみて、気に入っているポイントは3つ。

 

【1】抜群の使いやすさ
細かい形状の茶葉も茶こしがしっかり受け止めてくれるため、複数人に注ぎ分ける際も液だれしにくい。使っていてストレスがありません。

紅茶や烏龍茶など、大きい形状の茶葉を淹れる時には、じんわりと茶葉が開いていく様子を見て楽しむこともできます。

普段は、自分用に小ぶりの急須で日本茶(緑茶)を淹れることが多いですが、3人以上につぎ分けるときや、一度にたくさんのお茶を急冷して飲みたい夏場などに重宝しています。

 

【2】2way仕様
ひとつのアイテムで、お茶だけでなく、コーヒーも嗜みたい。そんな願いを叶えてくれるのも大きな特長です。フィルター部を外してドリッパーを乗せれば、ドリップコーヒーも淹れられます。

ガラス製なので比較的臭い移りしにくいのも頼もしいところ。とはいえ、コーヒーはお茶に比べると匂いや色が移りやすいので、長時間は入れっぱなしにせず、飲み終わった後はしっかりと洗うことをおすすめします。

【3】お手入れのしやすさ
使いやすさだけでなく、お手入れがしやすいことも、長く愛用するにあたって大切にしたいポイント。ハリオ ティーサーバー Simplyは、フィルター部を外してさっと水洗いするだけで茶葉をきれいに落とせます。茶こしに付いた細かい煎茶を落としたいときや、色や臭い移りが気になるコーヒーを淹れた後など、しっかり洗いたいときには、パーツを細かく分解して洗える点も気に入っています。

 

ここからは「ハリオ ティーサーバー Simply」を使った、おいしい煎茶の淹れ方をご紹介したいと思います。

煎茶は淹れる温度によって、さまざまな変化が楽しめます。
例えば、熱いお湯で淹れると「カテキン」や「カフェイン」といった苦味・渋味成分が抽出されるため、渋みが強くなります。

反対に低温で淹れると、うま味である「アミノ酸(テアニン)」は抽出されますが、苦味・渋味成分の抽出が抑えられるため、同じ茶葉でもお湯の温度によって味わいが変わってくるんです。

お湯で淹れる場合は、うま味と渋味をバランス良く引き出せる約70℃〜80℃が適温。

さらに低温で淹れる水出し茶は、渋みが少なく、すっきりとしたうま味が楽しめるだけでなく、就寝前やカフェインが気になるときにもおすすめです。

 

◆おいしい煎茶の淹れ方(1人分)

❶1度よく沸騰させたお湯(約180ml)を別容器に注ぎ、1分程度待ち、湯冷ましをする。
※お湯は器に移すごとに約10℃湯温が下がります。湯気が緩やかに横揺れしている状態が約80℃になります。

❷湯冷ましをしている間に茶葉 5gをティーサーバーに入れる。

❸湯気が穏やかに立つようになったら、茶葉を入れたティーサーバーにお湯を注ぎ1分待つ。

❹濃さが均等になるように注ぎ分ける。最後の1滴まで注ぎ切ると2煎目もおいしく淹れられます。
※2煎目は1煎目より少し高めの90°Cくらいのお湯で、待ち時間は数秒が良いです。

同じ茶葉で3煎淹れることができ、それぞれに味わいの違いを楽しむことができます。

 

◆おいしい水出し煎茶の淹れ方(1人分)

❶茶葉 10gをティーサーバーに入れる。

❷冷水500mlを注いで、約2〜3時間待つ。

❸飲む前にティーサーバーを数回傾けて、静かに茶葉を攪拌させたら完成。

 

淹れ方によって同じ茶葉とは思えないほど、味わいや香りが変化するところもお茶の魅力のひとつです。飲むだけでなく、淹れる楽しさがあるからこそ、いつまでも飽きずにその魅力を探求し続けられます。

これからも、どの種類のお茶も気軽に淹れられる「ハリオ ティーサーバー Simply」に限らず、さまざまな茶器を使って新たなお茶の魅力を追求していきたいです。

 

Writer Profile

伊藤尚哉

株式会社茶淹(ちゃえん)代表取締役。
2016年、名古屋の日本茶専門店・茶問屋に勤務。2018年、日本茶インストラクターの資格を取得。2019年[美濃加茂茶舗]を立ち上げ、店長に就任。2020年、株式会社茶淹を創業。

Instagram twitter online store

(Related Articles)

Prev
Back to list
Next

(Recently Viewed)

View more