コールドブリュー コーヒーメーカー 徹底比較

毎日蒸し暑い日が続いていますね。
そんな時は冷たいアイスコーヒーでスッキリしたくなります。

今回はコールドブリュー(水出し珈琲)のコーヒーメーカーを使い比べてみました。

コールドブリュー(水出し珈琲)とは?

冷たい水、もしくは常温の水で抽出するコーヒーのこと。
抽出時間が長い為、ホットコーヒー程 温度管理は難しくなく、
豆・挽き方・抽出時間を調整することで誰でも簡単に好みの味を作ることができます。

また苦味や渋みのもとになる成分は温度の低い水には溶けにくいため、雑味が抑えられたマイルドな味になります。

 

今回 使用したのはこの3点。

[①]ハリオ フィルターインコーヒーボトル ブラック
[②]ハリオ ウォータードリッパー・ドロップ
[③]オクソー コールドブリュー濃縮コーヒーメーカー

 

まずは【使い方】

[①]ハリオ フィルターインコーヒーボトル ブラック

 

①下ストレーナーにコーヒーの粉55g(深煎り中挽き)を入れる。

②上ストレーナーと下ストレーナーをセット。
③注ぎ口をセットし、水を700㎖注ぎ入れる。

④栓をして、ゆっくり左右に振り、コーヒー粉を水になじませます。 
⑤冷蔵庫で8時間抽出し、できあがり。
⑥グラスに注ぐ前にボトルを左右に振り攪拌して下さい。

 

[②]ハリオ ウォータードリッパー・ドロップ

 

①ストレーナーをセットする。 
②コーヒー粉(深煎り中挽き)を50g入れる。
③コーヒー粉を水で湿らせる。
 ※コーヒー粉全体が湿るように注ぎながらマドラー等の長い棒で粉をかき混ぜて下さい。

④ペーパーを置く。
⑤点滴パーツ、内ホルダー、上ボールをセットする。
⑥上ボールの目盛りまで水を注ぐ(約630㎖)。 

⑦45分から1時間抽出して、できあがり。

 

[③]オクソー コールドブリュー濃縮コーヒーメーカー

①タンクに粗めに挽いたコーヒー粉(175g)を入れ、レインメーカーをセットする。

②水を700㎖レインメーカーへ注ぐ。 
 ※カラフェの白い丸印までを2杯分。

③蓋をかぶせ、常温で12-24時間、冷蔵庫で20-24時間抽出する。
④抽出が終わったら、ガラスカラフェにタンクをのせる。
 ※自動で濃縮コーヒーがカラフェに注ぎ出されます。

⑤注ぎ出しが終わったら、コルクキャップを取り付け冷蔵庫で保管。

それぞれの特徴

[①]ハリオ フィルターインコーヒーボトル ブラック

8時間の抽出ですっきりとした味わいのコーヒーが出来上がりました。
豆の挽き方、抽出時間を変更することでお好みの味が探せます。
ドリップのように温度や時間管理の技を磨かなくても、簡単に自分好みの美味しいコーヒーを愉しめます。

また、ワイン型のデザインで冷蔵庫のポケット保存可能。テーブルに並べてもインテリア性を損ないません。

[②]ハリオ ウォータードリッパー・ドロップ

滴下式で[①]より、さらにクリアな味。
点滴パーツの差し込み具合で落ちる速度を多少変化させられますが、抽出時間を大きく変更させることはできませんので、コーヒーの味が大きくぶれることもありません。

冷蔵庫のポケットで保存可能。
本体がクリアで水が落ちていく様子を目で愉しめます。見た目もとても涼し気です。

点滴用の水630mlを水300ml、氷300mlに変更し、さらに涼を愉しむこともできます。



[③]オクソー コールドブリュー濃縮コーヒーメーカー

まさに「濃縮」!濃いコーヒーが出来上がります。
できたコーヒーと水またはミルクを1:2、もしくは1:3の比率で割って飲みます。

「濃縮」の為、使用する豆の量は1番多く、抽出時間は1番長い。
カフェオレにする場合は圧倒的にコレが美味しかったです!

スペック比較

本体価格 (税込) 抽出方法 抽出時間 豆の量 水の量 出来上り量 パーツ数 日持ち 1杯の    コスト※1
[①]フィルターインコーヒーボトル 2,750 浸漬式 8時間 55 700ml 約3-4杯 4 調整可能 2-3日 69円
[②]ドリッパー・ドロップ 3,300 滴下式 45分-1時間 50 630ml 約3杯 6 すっきり 2日 83
[③]濃縮コーヒーメーカー 6,050 浸漬式 20-24時間 175 700ml 約5-7杯 5 濃縮 2週間 125

 

 ※1  500円/100gの豆を使用した場合

使い比べてみて

コールドブリューに対して(わざわざ、そんな…)的な気持ちでスタートした私ですが、結果 商品が欲しくなってしまいました。

まず、美味しかったから。
今回はスターバックスさんで豆を買ってきて、珈琲を入れる直前に挽きました。美味しいはずです。ですが、ひと手間ふた手間で、こんなに美味しいコーヒーが飲めるのか!と実感させられました。

そして、ドリップに比べ敷居が低いこと。
技術は必要ないので、美味しい豆を買ってこれば、誰でも簡単に美味しいコーヒーが作れます。

最後に1杯のコストを計算してみて、「あり」決定です。
いつものカフェの価格、思い出してみて下さい。
さらにお湯を使わないので電気もガスも必要なし。
リーズナブルにお好みの味を、気軽に楽しむことができます。


日常のコーヒータイムに。
“おうち時間”の充実に。
コーヒーの味にこだわる人に。

特にコーヒー好きには試して欲しい。
手間と時間はかかりますが、新しいコーヒーの魅力に出会える抽出方法です。

Writer Profile

Kusama

Y-YACHTで10年営業職を経験。
出産・育休を経て職場復帰。この春から&(COOK)のスタッフに加わりました。
夫と2歳の娘と柴犬(まめ)との 3人+1匹暮らし。
食事の栄養面を学ぶため、妊娠中に野菜ソムリエ取得。
家で過ごすのが好き。特に家族との食事の時間は大切にしています。
家族の「食」にまつわる時間に、役立つ情報をお伝えできればと思います。

(Related Articles)

Prev
Back to list
Next

(Recently Viewed)

View more