環境に優しい「フライパン」選び

今日、「環境を守ること」について考えることが日常化した中・・・その考えが、毎日使いの「フライパン選び」にまで至ることは、ほぼ皆無だと思います。。。

今回は「フライパン選び」で環境保全にも貢献できる「グリーンパン」というブランドをご紹介させていただきたいと思います!

2007年、ベルギーで誕生したGREENPAN(グリーンパン)。

その名の通り・・・🍳
GREEN=環境に配慮した・自然・地球をイメージ
PAN=フライパン・・・がブランド名の由来。

従来、フライパンのノンスティック(こびりつき防止)加工に使用されているフッ素樹脂加工に替わり「セラミック コーティング」を施したクックウェアを、世界で初めて発売したのが「グリーンパン」です。

◆なぜ?グリーンパンは「セラミックコーティング」を選んだのか・・・??

グリーンパンは特許を取得している “THERMORON(サーモロン)”という独自のセラミックコーティングを採用しているのですが、サーモロン・セラミックコーティングは、主に砂と同じ成分の原料から作られており、環境に影響を及ぼす化学物質 PTFE※ をはじめ、その他のPFAS※ を一切使用していません。

※PTFEは、高温に加熱すると熱分解により化学物質が発生します。
※PFASは、残留性が高く分解しにくい物質です。

 

・・・ちょっと難しい話をしてしまいましたが、もう少しお付き合いください!

要約しますと、グリーンパンには、調理する「食材」だけでなく、調理する「道具」も、人や環境にとって「より安心・安全なもの」を使って欲しい・・・という思いが込められているのです!

◆実際に「セラミックコーティング」って、どんな使い心地・・・?

・・・という部分ですが、セラミックコーティングは熱伝導・熱保有率に優れているため【弱火~中火】での調理を心がけることが必要なので、初めは少し火加減に迷われる方もいらっしゃるかもしれませんが、すぐにコツを掴んでいただけるかと思います◎省エネ調理にも繋がるのも嬉しいポイントです!

調理の際は少しの油を使用していただくことを推奨させていただいておりますが、こびりつきにくく・ツルンと快適な使い心地です!

スマートフォンのような話になってしまうのですが、サーモロン・セラミックコーティングも年々進化を遂げておりまして、現在は「第5世代」に突入しております。2007年の発売当初より、より永く・より快適にお使いいただけるようになりました。
グリーンパンは絶え間ない研究と改善を続けており、2021年現在、世界100カ国以上で多くの方々に愛用されています🍳✨

グリーンパンが「環境に優しい」と言っている理由は、セラミックコーティングを使用しているから・・・だけではありません!

グリーンパンの自社工場は、ISO 9001、ISO 14000、ISO14001を取得。環境を保護するためのマネジメントシステムが構築されています。

グリーンパンの自社工場は、製造工程で出た廃棄物の再利用化、環境に負荷がかからない排水処理プラントの整備、ソーラーパネルの設置など、環境保全対策を徹底的に行っています。

セラミックコーティングは加工を施す際、従来のノンスティック加工に比べ、約60% 二酸化炭素(CO2)排出量を削減しています。

グリーンパンの合言葉でもある「HEALTHY COOKING」には、食材だけでなく、使用する調理器具にも配慮した「へルシークッキング」をお届けする・・・という思いが込められています。

フライパンを購入される際の「新たな選択肢」として、是非 GREENPAN(グリーンパン)を!

 

&(COOK)では、ホワイトカラー+ウッド調のハンドルデザインで人気の「ウッドビー」シリーズの特別セットも販売しております🍳

また、初めてグリーンパンの使い心地をお試しいただくのにもピッタリなカジュアルラインも数量限定で新登場いたしました🍳是非 ご覧ください!

shiho.s
Writer Profile

shiho.s

&(COOK)の中の人です。&(COOK)ではデザイン周りとコンテンツ制作、撮影でお料理を作ったりしています。また Y-YACHT プライベートブランドの担当もしています。
お料理大好き。デザイン大好き。モノづくりに興味津々。

&(COOK)を通して、「暮らし」と「食」がいつもより楽しくなる情報や、大好きなアイテムやブランドの素敵なエピソードをたくさんお伝えしていきたいと思います。

(Related Articles)

Prev
Back to list
Next

(Recently Viewed)

View more