南部鉄器の鉄急須で楽しむお茶とお菓子

南部鉄器という言葉を聞いたことありますか?ざっくりいうと岩手県でつくられている「鉄鋳物」のこと。(なお、鉄鋳物というのは、溶かした鉄を、鋳型に流して形づくったもののことをいいます。)

すき焼き鍋や急須、鍋敷きなどが代表的なアイテム。

特に急須型のものは、ずっしり重くて、風情がある形。いつかほしいな、と憧れている人も周りで多いです。

 

しかし、この「急須型」のアイテム。なんとなく、お湯をいれて使う?急須のような?鉄器、とぼんやり認識している場合が多いこの品、実は「鉄急須」と「鉄瓶」と二つあり、この二つは全く別物なのをご存じでしたでしょうか?

お湯を沸かすなら、「鉄瓶」、お茶を淹れて楽しむなら「鉄急須」を選ばなくてはいけません!

今回は、「鉄急須」と「お茶」のお話しをしようと思います。

 日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ブルー

1.鉄急須と鉄瓶の違い。鉄急須とは?「良さ」と「できないこと」

2.お茶とお湯の温度 おいしい淹れ方

3.お茶とお菓子のおいしい組み合わせ

 

 

 

1.鉄急須と鉄瓶の違い。鉄急須とは?「良さ」と「できないこと」

 

鉄急須ってなに??いったい鉄瓶とどう違うの?

鉄急須は、その名の通り、お茶を淹れて楽しむ鉄の急須です。


鉄瓶との違いは
●内側にホーロー加工が施されているところ。
●茶漉しがついていることが多いこと。

 日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ピンク

そのため
●お手入れ簡単(内側がホーロー加工されているので基本的にはサビがでにくい)
●洗剤で洗えるので匂いが残りづらい。

といういいところがあります。

 

日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ピンク 

いわゆる「鉄瓶」の違いは、

●直火にかけられない
●お湯をまろやかに、白湯を飲みたい、というニーズには答えられない(内面にホーロー加工されているので)
●同じく内側にコーティングがあるので、鉄分がにじみだすことはない

といったところでしょうか。

 

 日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ブルー

 

●割れにくい、自ら使って、アンティークにしていく楽しみも。

そしてなにより、鉄急須は、見た目がすてきです。
欧米ですてきなティールーム等で使われたりしたこともあり、逆輸入のような形であらためてその意匠のすてきさに気づかれた、といった側面もあると思います。

さらに、ガラスや陶器のティーポットと比べて耐久性が高いので、(割れにくい、形がかわりにくい)ほぼ一生ものといっていいぐらい。
代々受けつぎことができそうな一品です。

 

また、鉄急須ならではの、おいしくお茶を楽しむことができるポイントもあります。

茶漉しつきで手軽
●保温力抜群


保温力があるので、お茶を淹れる際のお湯の温度をコントロールしやすいのもいいところです。

当店おすすめの鉄急須は、日々道具(にちにちどうぐ)のオリジナル、オイゲンさんで作っていただいているたまご型鉄急須です。

ころんとした丸い形、鮮やかできれいなカラーが自慢のお品です。


 

2.お茶とお湯の温度 おいしい淹れ方

 

お茶にはいろいろな種類がありますが、それぞれのお茶には淹れるのに最適な湯の温度があります。

 

鉄急須でお茶を淹れるといいこと、それは鉄急須の保温性がすごく高いので、最適な温度を保てることなのです。

 

わたしが個人的に楽しんでいる、鉄急須でのおいしいお茶の淹れ方をご紹介します。

 

①鉄急須をあたためる

保温力があるので、一度温まると冷めにくい!温度を保ちやすいです。

 日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ブルー

 

②温まった鉄急須に、お茶の葉をいれ、蓋をする。一呼吸おいて蓋を開ける。

温まったお茶の葉の香りを楽しんでください!リラックス効果ありです。

 

日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ブルー

 日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ブルー

 

③お茶の葉にあわせて、最適な温度にしたお湯をいれる

しつこいようですが、温度を保ちやすいのでおいしく淹れられる気がします。

日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ブルー

 

煎茶は70度~80度で淹れるのがおいしいです。

これはお茶の渋みが高温で抽出されてしまうからで、旨味や甘味をより感じやすくするには低めの温度がよいです。

日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ブルー

 

日々道具 OIGEN 急須 たまご型 ブルー

沸騰したお湯をケトルからピッチャーなどに移して冷ますか、早く適温にしたい場合、私は氷で調整したりもします。

お湯の適温を知るにはやはり温度計が便利なのですが、これが使いやすくておすすめです。

 

 

しかし、めんどうなことしたくないなあという場合は、最近いろいろ発売されている温度調節機能付きケトルがいいです。電気ケトルが狙った温度にしてくれます。

私もかなりほしいです。(購入検討中です。)このラッセルホブスのティーケトルはデザインも素敵です。

 

 

日々道具 茶缶と茶さじ

 

逆に渋みや香ばしさを前面に感じたいお茶に関しては、100度のお湯で淹れます。

ほうじ茶や紅茶などはこちらです。

 

お茶は香りが命なので、保存状態も大事です。茶缶にいれて、香りがとばないように、他の臭いができるだけ移らないようにしたいもの。

こんな見た目もすっきり、機能性抜群の茶缶がおすすめ

 

また、茶葉も適当にいれず、適量を計っていれるのが大事。その際活躍するのが茶葉サーバー。つちめの風合いのいいしっかりした茶さじです。

 


少し気を使うだけで、同じ茶葉でもびっくりするくらい香りよく、おいしく淹れられたりすることがあるのが、お茶のおもしろいところだと思います。

 

 

3.お茶とお菓子のおいしい組み合わせ

 

最後に、お茶とお菓子の食べ合わせについて、少し。

一緒に食べるお菓子との相性が抜群にあった時のお茶が、それだけで飲むよりも100倍美味しく感じることがあります。

 

食べ合わせ、組み合わせの妙だと思うのですが、自分なりのこれだ!という組み合わせに出会ったときはうれしくなります。

 

いろいろ試してみて、美味しい食べ合わせにいたる道は、お菓子とお茶の味や香りの強さ(濃さ)を揃えるといいような気がしています。

 

例えば

●緑茶と生菓子 繊細な旨味×上品な甘さ

ほうじ茶とそばぼうろ 香ばし×香ばし

 

その他、チョコレートを使ったお菓子には濃くいれた紅茶にミルク、フルーツを使った軽めのお菓子には、繊細な香りのファーストフラッシュダージリンなど。

 

 日々道具茶缶と茶さじ

余談ですが、世界的に大人気のカトラリーブランド「クチポール」のこちらのサイズ、和菓子にも合うので重宝してます。黒文字のかわりになります。

 クチポール ゴア ヒメフォーク

 

 

お茶は嗜好品ですので、おいしいと感じるのも人それぞれ。

でも丁寧に淹れたお茶はやはりちょっと違うので、ぜひ一度道具や方法に少しだけ気を付けて淹れてみていただくと、いつもとは違った味に出会えるかもしれません。

 

 

 

 

Writer Profile

morita

&(COOK)いろいろ担当。気づけばワイ・ヨット歴〇〇年以上。
紅茶と台湾茶が好きで、お菓子との食べ合わせを考える毎日。いつもおいしいものを食べたいです。

(Related Articles)

Prev
Back to list
Next

(Recently Viewed)

View more