子育て家族にこそおすすめ!
おしゃれで人気のSTAN.シリーズ

象印マホービンの大人気シリーズ「STAN.」
TVやSNSなど、いろんなところで目にすることが多く、気になっている方も多くいるのではないでしょうか。

スタイリッシなデザインが魅力で、こんなキッチン家電が欲しかった!を叶えてくれたシリーズです。

みなさんご存じ、あの「象印マホービン」から発売されているので、家電としての実力も抜群。
特に、毎日が忙しいママさんや、家族の時間をもっと大切にしたい方におすすめ!

今回はそんなシリーズの中でもおすすめの「電動ポット」「自動調理なべ」をご紹介します!

STAN.シリーズとは

2019年に発売された、デザイン性と機能性を併せ持ち、暮らしに馴染む家電です。
創業100年目を迎える象印マホービンが提案する「新しい暮らしの道具」として、新しい時代を担う世代に向けた新シリーズです。キッチンで機器っぽくなりすぎず、その風景に馴染むたたずまいを目指しつくられました。

シリーズ名である『STAN.』には、
お客様の暮らしに“STANDBY(スタンバイ)”し、
安全で使用しやすい“STANDARD(スタンダード)”な製品をつくり続ける、
象印の“STANCE(スタンス)”という3つの意味が込められています。

象印の原点を反映したデザイン

 STAN.のターゲットは、次の時代を担う若い世代。
共働き・子育て世代を開拓しようと、新ブランド企画として誕生しました。

デザインのキーワードは「うつわ(器)」
象印マホービン創業の原点にあるのは「魔法瓶」というガラスの器なので、新ブランドで再び原点に戻るという意味も込められています。
器のような、やさしく、おいしそうな形状と素材感。
「道具らしい家電」としてキッチンにそのままおいても嫌じゃない、今の時代に必要な家電、道具として暮らしに馴染むことで多くのお客様に愛されています。

常に飲み頃の温度を
「電動ポット」

おすすめアイテムひとつめは「電動ポット」です!

今回&(COOK)スタッフのkusamaさんにおすすめしていただき初めて使用したのですが、すっごく便利だと感動しました。

■沸騰させてから温度を下げ保温

STANの電動ポットは70℃保温と90℃保温が選べるのですが、一度沸騰させたお湯を設定の温度で保温します。
一度沸騰することで不純物が取り除かれ安全に。そして70℃は赤ちゃんのミルクにちょうどな温度。
子育てに嬉しい機能です。

■あっというまにお湯が沸く

1300Wのハイスピード沸騰で満水の1.2Ⅼが約6分で沸騰します。
沸騰したら保温を切るモードがあるので、電気ケトルとしても使えます。

■ゆっくり給湯できる

ロック解除を2回押すと「ゆっくりカフェドリップ給湯」に。
通常給湯の60%の量でゆっくりと注げるのでお湯が飛び散りにくく、コーヒー等をじっくり蒸らせます。

■水の入れ替えのストレスなし!

さらに、蓋を外せるので、シンクに捨てやすく、本体は大きすぎないサイズ感なので毎日の水の入れ替えも簡単に行えます。

 

常に飲み頃の温度でいてくれる電動ポットすごく良いです。
わたしは、ウォーターサーバーはスペースとるので邪魔、ポットはデザインがなんとも、、、と思って、いつもお湯が必要な時は電気ケトルで沸かしていましたが、沸くまでのちょっとの待ち時間が嫌でした。が!
この電動ポットならキッチンに置きっぱなしでも嫌じゃなく、常に飲み頃の温度でお湯をだせる、まさに理想のポットです。

毎日の料理をもっとおいしく手軽に
自動調理鍋

おすすめアイテム2つめは「自動調理鍋」
STAN.シリーズの中では新しい商品で、2021年10月発売されたました。

見た目はIH炊飯器そっくりですが、自動調理鍋の方が少し大きいです。
炊飯器:約 23.5x29x19.5cm
自動調理なべ:約 28.5×31×22.5cm

レシピに従い材料を入れてセットするだけ。
それだけで手間をかけたような美味しいご飯が出来上がります。

実際に使用して「スープカレー」をつくってみました。
基本の使い方としてご紹介です。

■使い方

①下ごしらえ

お肉を調味料で揉みこむ

②なべに投入

なべに全ての食材と調味料をいれ、本体にセット

③スタート

「コース」キーで【カレー/シチュー】を選択
「分」キーで【25分】に設定し
「スタート/再加熱」を押す

④完成

沸かし約30分+設定時間25分=55分で完成です。

すごく手軽に出来上がりました。
自分で作業するのは下ごしらえのみで、難しい火加減の調節などをする必要がなくほおっておくだけ。ノーストレスです。

そして肝心の料理の仕上がりは、お肉はホロホロ、うまみがつまったスープはとってもおいしく、ほんの1時間で出来上がったものとは思えません。

■パック調理が可能で、同時に2品つくれちゃう

ジッパー付き食品保存袋で調理ができるパック調理専用のホルダーが付いています。
調味料と食材を袋に入れ、セットするだけで簡単に調理。
洗い物が少なくすむのもポイント

そしてパック調理なら、なんと2品!同時に作れます!
料理を1品増やすことって、簡単なものでも面倒だったりするので、一緒につくれるのはすっごくありがたいです。

パック調理の手順

①下ごしらえ

ジッパー付き食品保存袋に食材と調味料を入れる

 

②なべにセット

なべにパックホルダーをセットし、シッパー付き食品保存袋をセット。

※このとき袋は開けたままにしてください。

 

③パックホルダーカバーをセット

パックホルダーカバーをセットし、そのツメに袋をひっかけます。

真ん中にある注水口から水を入れます。

 

④本体にセット

「コース」を押し【パック調理】を選択
「調理温度」キーを押し【90℃】に
「分」キーで時間を【25分】に設定し
「スタート/再加熱」を押す。

⑤完成

沸かし時間約30分+設定時間25分=55分
ブザーが鳴ったら完成です。
パックホルダーから取り出し、そのまま5分おいて味を染み込ませてください。

煮崩れせず、味がしみしみのおいしい仕上がりです。

※今回は「かぼちゃの煮物」と「れんこんのきんぴら」をつくりましたが、2パック同時に調理する場合は、同じ温度調理のレシピにしてください。
設定時間の異なるレシピを同時に調理する場合は取扱説明書をご覧ください。

■使い勝手抜群の「ホーロー鍋」

本体の中のなべは厚さ2.0mmの「ホーローなべ」になっています。
個人的にはここが一番ポイントです。

ホーローなので、
・蓄熱性が高く、いつもの料理がさらに美味しく。
・腐食しにくく、色移り・匂う移りもしにくい
・直火OK。冷蔵庫で保存し、翌日の温め直しも簡単に。
・そのままなべごと食卓にサーブすればちょっと豪華なご飯に。

最大容量は2.3Lとコンパクトなのに大容量。
家族で満足できるサイズです。

もちろんホーロー鍋専用の蓋も付いています。

■予約調理で出来たてを楽しむ

「おまかせ予約調理」と「保温機能」がついています。

予約は12時間前から可能なので、朝出かける前にセットし、帰宅の時間にあわせて予約すれば、帰宅後すぐに食べられます。
保温機能もついているので安心です。(最大12時間)

帰宅後はみんな忙しい時間。
1品・2品でも料理があったらかなり助けられますね。

レシピ数

カレー/シチュー 13レシピ
スープ      10レシピ
煮物       8レシピ
米調理      4レシピ
パック調理    33レシピ
温度調理     37レシピ
無水調理     12レシピ

全部で117レシピがあるので、幅広い料理を手軽に楽しめます。



夕ご飯。毎日帰宅してご飯をつくるのしんどいですよね。帰宅したらご飯ができたらなんて何度夢みたことか、、、

これなら前日に仕込みして、朝はポンといれていくだけで帰宅後は料理にかける時間が減り、忙しい平日の時間にも余裕が生まれます。
これは1台あればかなり生活を変えてくれるアイテムです。

完全に家電に任せるのは嫌という方いらっしゃると思います。
そんな方には、レシピがたくさんあるので副菜だけは自動調理なべを使って、少し家電に手伝ってもらうというような使い方もおすすめです。

ぜひ家族の健康を考えてつくるご飯の手助けにしてください。

生活の必需品ではないからこそ生活にゆとりができる

電気ポットも自動調理鍋も正直、生活の必需品ではないですよね。

電気ポットはケトルでお湯を沸かせばいいし、自動調理なべは鍋・フライパンを使って料理すればいい。
なくても暮らしていけます。

確かに手間暇かけることはとても素晴らしいことですが、誰にでも完璧にできることではありません。
自分のできる範囲で生活をつくっていけばいいと思います。

STAN.は無理をしている、忙しい、ママさん・パパさんを応援してくれるアイテムです。
ぜひSTAN.を使って、楽できるところは楽をして、家族との時間が増やしていってください。

その他のSTANシリーズ

IH炊飯ジャー(ブラック / ホワイト)

STAN.の中で一番人気がこちらのIH炊飯ジャー
みなさんもSTAN,シリーズの中で、一番見たことあるのがこの商品ではないでしょうか。
こちらは、沸とう後も火力を下げずにIHの高火力で炊き続けることでうまみを引き出し、芯までふっくらしたごはんを炊き上げます。
また、子育てを応援する「ベビーごはん」メニューが搭載され、赤ちゃんに合わせた離乳食も簡単に作れます。

コーヒーメーカー(ブラック)

「マグカップ2杯」が一度に抽出できる、ちょうどいい分量のコーヒーメーカーです。
扱いやすさとシンプルさにこだわってつくられました。

ホットプレート(ブラック)

深型のホットプレートなら、「焼く、煮る、炒める」ができちゃいます。
プレート面より外側の本体が高く設計されているので、熱いプレートに手が触れにくい。小さなお子さんも一緒に、家族みんなで安心してご飯を楽しめます。 

全部で5種類がSTAN.シリーズとなります。
(コーヒーメーカー、ホットプレートにはホワイトはありません。)

ひとつひとつでもかっこいいですが、揃えて置けば統一感がでてもっと素敵なキッチンを演出してくれます。

ぜひシリーズで揃えて自分の好きなキッチンをつくってみてください。

Writer Profile

ito

入社3年目。20代一人暮らし。
道具やお料理のこと勉強中です。
料理は苦手で自炊はたまにでしたが、&(COOK)スタッフに加わったことで積極的に挑戦中。
料理初心者の私がここで知った道具のことを伝えていきます。

(Related Articles)

Prev
Back to list
Next

(Recently Viewed)

View more