OXO(オクソー)売上ランキングTOP10発表!

⏤ リアルに売れてるアイテムはどれ?? ⏤

OXO(オクソー)
売上ランキング
TOP10発表!

⏤ リアルに売れてるアイテムはどれ?? ⏤

当店でも特に人気のブランド、OXO(オクソー)。どんな人にも使いやすく優しいユニバーサルデザインの商品がたくさん揃っています。
その多くのアイテムの中でも、特に支持が高い、リアルに売れているアイテムをランキング形式でご紹介いたします!

※2020年10月~2021年9月集計


発表!TOP10位~5位!

発表!TOP10位~5位!

第10位 バルーンウイスク(小)

小さめの泡立て。とにかくハンドルを握ったとき快適。

第9位 ジンジャー&ガーリックピーラー

しょうがやにんにく、ちょっと摺りおろしたいときにものすごく便利。蓋で目に詰まった摺りおろし残りを掃除できます。

第8位 Y型ピーラー

OXOといえばピーラー。切れ味スムーズな刃はもちろん、手の延長のように使える握り心地は特筆もの。

第7位 ミニアングルドメジャーカップ

上から見て目盛りが見える、画期的な計量カップのミニ版。計量スプーンがわりに使えてすごく便利。

第6位 ナイロンソフトターナーブラック

薄く弾力があるフライ返し部分が、フライパンやお鍋と食材の間にするっと入って失敗なく盛り付けなどができるスグレモノ。

第5位 タテ型ピーラー

慣れるとこの形のピーラーしか使えない、というほど固定ファンが多いタテ型ピーラー。もちろん握り心地も最高で手に馴染みます。

形を崩さず、フライパンからお皿へ!

形を崩さず、フライパンからお皿へ!

第6位の「ナイロンソフトターナー」はハンドルとターナー部分の角度が絶妙。一番人気のブラックの他にトマト(レッド)、バジル(グリーン)があります。


すばやく、きれいに剥けます。

すばやく、きれいに剥けます。

第5位の「タテ型ピーラー」は、親指のあたるところにクッションがあり、握ったとき手に馴染みます。力の入れ具合がうまくいくので、ストレスなく作業がはかどります。

第4位!

第4位!

ナイロンヘッドロックトング(小)

ナイロンヘッドロックトング(小)


コーティングしてあるフライパンの表面を傷つけないトング。
トングは思ったよりつかみ具合が手に馴染むか選ぶのが難しい商品ですが、これはバネの塩梅が絶妙。
収納時はトングの先が広がらないようにセットできます。

第3位!

第3位!

POPコンテナ レクタングルショート

POPコンテナ レクタングルショート


片手でポンとタップするだけでフタを開けられて、サイズ違いできれいに積み重ね収納できるドライフード保存容器。
どのサイズも人気ですが、特にこの「レクタングルショート」サイズはとび抜けて売れてます!
コーヒー豆なら約600g、砂糖なら約1kg入ります。

第2位!

第2位!

アングルドメジャーカップ(2カップ・1カップ)

アングルドメジャーカップ
(2カップ・1カップ)


上から見て入っている量が一目瞭然!測りやすくて見やすい、まさに使う人に優しいメジャーカップ。
注ぎ口の形も秀逸で、細くも注げて切れも良いところもおすすめポイント。
電子レンジにも使えます。

第1位!

第1位!

クリアサラダスピナー小

クリアサラダスピナー小


OXOといえば、サラダスピナー、というぐらいのアイコン的アイテム。
やはりダントツの一位でした!
サラダ野菜の水切りはもちろん、フライをするとき具材の水切りをして油はねを防いだり、麺の水切りにつかったりと、つかいみちいろいろ。

サラダスピナーの使い方①

サラダスピナーのボウルとざるを使って、野菜を洗います。
サラダスピナーですが、ボウルとざるは単体で使ってももちろんOK。

サラダスピナーの使い方②

洗ったら、ざるとボウルをセットしたまま水を張り、野菜に水を吸わせます。お花の水切りのイメージで。野菜が生き返ります。

サラダスピナーの使い方③

サラダスピナー部分をセットして、水切りをします。OXOクリアサラダスピナーは、黒いノブを手でポンポンと押すだけで高速回転!一気に水分が飛びます。

サラダスピナーの使い方④

野菜の水分が切れたら、そのまま冷蔵庫へ。冷やすことで野菜がぱりっとしてさらにおいしくなります。

サラダスピナーの使い方⑤

クリアサラダスピナーのボウルは、透明度が高く、形もきれいなので、そのままテーブルに出してもOK。

#オクソー関連ブログはこちら

#オクソー
関連ブログはこちら

インスタグラムで人気の使い方!

ニューヨーク生まれのOXO(オクソー)はこんなブランド

アメリカ生まれの
OXO(オクソー)は
こんなブランド

妻への愛情と、デザインへの探究心からうまれたOXO(オクソー)

1990年ニューヨーク。

創始者サム・ファーバーは、リンゴの皮をむくのに苦労している関節炎を患う妻の姿をみて、もっと多くの人にとって使いやすいキッチンツールを作ろうと思い立ちました。開発の初期段階では、一般ユーザーのニーズを汲み取るために、消費者、シェフ、老年学の専門家などを通じて綿密なリサーチを行い、100以上の試作品、数多くの製造上の検証過程を経てOXOは誕生したのです。

OXO(オクソー)ってどういう意味?

ユニバーサルデザインの考え方は社名、ロゴにも浸透しています。 よく、社名の由来を聞かれることがあるのですが「OXO(オクソー)」という言葉自体に意味はありません。創業者であるサム・ファーバーは、左右どちらからみても、上下斜めどの角度から読んでも、また英語だけでなく、世界各国のどの言語においても覚えやすい名前にしたかったのです。 OXO(まる・ばつ・まる)って忘れないでしょ?

(Recently Viewed)

View more