食卓用万能ナイフ!これ1本でスパイスカリー 「ロベルトヘアダー・オールドジャーマン」

 

 

はじめまして

&(COOK)スタッフの「うめこ」です。

私のキッチンワークの相棒(片手には勿論ビール)をご紹介させていただきます。

この万能ナイフは、指の延長の様に扱えます。

経年劣化を楽しみ、使い込むほどに馴染む道具。

刃物づくりで世界的に有名なドイツの街・ゾーリンゲンで1872年に創業された「ロベルト・ヘアダー」。1970年以降、老舗刃物メーカーが次々と閉鎖されたり、機械化が進んだりするなか、ロベルト・ヘアダー社は今も伝統的な技法でナイフを作り続けています。

今も昔からの職人仕事にこだわり、伝統的な手作りの製法を守り続けているのが、1872年創業のロベルト・ヘアダー社です。

Good Knives are made by hand
「良い刃物は手で作られる」
がロベルト・ヘアダー社のモットー。

 

オールドジャーマンナイフは、卓上でパンを切ったりそのままジャムをつけたり、万能ナイフとして活躍します。

カリー作りにも活躍します。

食材をカットしていきます。

ゆで卵,レッドオニオン,トマト,ニンニクもこれ1本!

面白いようにサクサク切れるのです。


ハーブウインナーも細かく切り目が入れられますのでカリーとの絡み方も抜群です。


スパイスの香りが立ってきたら、香りでだけでキンキンに冷やしたビールを一口。

かつお出汁を隠し味に! 煮詰めて、好みの辛さまで調整します。

盛り付けそのものも楽しんで。とにかく私は味重ねが大好き、ひたすらトッピングします。

出汁に合わせて和風テイスト食材をプラス。


スプーンを入れる角度、食べる場所により、口の中で味の変化が起こるからです。

 

軽いので疲れません。

そして 食後の洗い物が極めて少なく済むのも、オススメポイントです。

これ重要ですよね。

1本洗うだけです。気にせずゆっくり呑めます(笑)  

勿論、おかわりをいただきます。 ぐびぐび。

指の延長のように使えます。

モノと情報に溢れ、欲しいものがスマートフォンからワンタッチで翌日に届く時代・・・。確かに便利ではあるのですが、使い捨てではない「こだわりの道具」や伝統のモノづくりに私は惹かれます。

 

育てる道具、相棒ナイフ。

是非 お試しください。



Writer Profile

うめこ

気づけばLEICA歴28年、BEER歴24年。
ビールに合う料理が大好き。ビールとの食べ合わせを考える毎日。
いつもおいしいビールを飲みたいです

(Related Articles)

Prev
Back to list
Next

(Recently Viewed)

View more